プロテイン飲料

スーパーで目についたのでプロテイン飲料を買ってみました。
安くはなかったけど、思い切って買いました。
バナナ味。

美味しかったです、だからほとんど一気飲みでした。あれって本当にプロテインなのかな?
バナナとミルクのような気が。。

ジムに行くと、家からあらかじめ入れてきたであろう粉が入ってるボトルに、
ジムで水道の水を入れてしゃかしゃか降って、それを飲んでる男性がいます。
筋肉つけたいから飲んでるんでしょうね。

筋トレをしている人がトレーニング効果を最大限に引き出すためには
タンパク質を体重1キロあたり2グラム必要だと言われています。
体重が70キロの人なら1日に140グラムは必要なわけですが、
これを普通の食事からだけで摂るとなるとなかなかに大変です。

だからこういうのを利用するのでしょうけど、効果はあるのかな?

大豆を主原料としたソイプロティンは、脂肪量が少ないかゼロなので、
女性アスリートを中心に愛用されていますが、
もともとはソイプロティンが日本ではほとんどすべてでしたね。

あれ飲んで筋肉がつくなら、筋トレのあとに飲んでみようかな。
その前に筋トレしなくちゃだね。飲み物だけ飲んだって効果なんてないよねー。

アン・ブーリン

アン・ブーリンという人は、ヘンリー8世の二番目の妻です。
夫であるヘンリー8世の命令(?)というか、裁判で罪になってギロチンになった人。
でもこの人が生んだ人が、あのエリザベス1世です。

今のエリザベス2世とは違いますよ。

16世紀。
アン・ブーリンは農民から成りあがった新興貴族・ブーリン家に生まれました。
姉のメアリーは金髪に白い肌、豊満な美女であったのに、
彼女は黒髪でやせっぽちの女の子だったそうです。

ヘンリー8世は最初、姉のメアリーを愛人にしました。
ここにも子供がいますが、正式な妻との子ではないので、せっかくの男の子なのに普通の子、という位置づけでした。

すごいオンナ好きなヘンリー8世。
アン・ブーリンを処刑してすぐに愛人だった女性と結婚。
その後も次々と結婚。
6人の妻をめとったのです。

どんだけー。

ロンドン塔に行くと、時々幽霊が現れるそうですが、もっぱらこのアンの幽霊だって噂ですよ。

でも歴史の勉強になりますね。
私も映画を何度も見ました。この時代のことが分かって面白いです。


高齢者

高齢者ってどこから言うのか。
こういう問題(?)ってあとを絶ちませんね。

そんな「高齢者」の年齢が引き上げられると、
現行の定年よりもまだまだ働けるし、働くべきだということになる。
一生働いていたいと意欲を見せる人も少なくないけど、一方、"早くリタイアしたい派"の思いも強いそうです。

ちょっと意外ですけどね、そんな人がいたっていいと思う。
高齢者、っていうのを、何歳から、って決めること自体がおかしい。
個人差があるよね。
かといって、元気な人は医療費を払え、というのもおかしい。
誰でもいつかは高齢者になっていくのだ。

若くても身体の具合が悪い人もいる。医療費は、こういう人にちゃんといきわたるようなシステムにしてくれないと困るぞー。

と、ここでいってもしょうがないのですがね、言わずにはいられないですね。
それでも、選挙権のある日本の国民の皆さんなら、
こういうことも考えて政治を盛り上げていかなくてはいけないのだ。
日本、もっと頑張ろうよ!

健康診断

健康診断をしたことがないという40代男性が、ついに(!)受けた、という話を聞きました。
大腸の検査では、下剤を飲み、おなかのなかがまったく綺麗に何もなくなるまでからっぽにして受けるわけです。
自分も経験がありますけど、トイレに行くとそのトイレのなかでしたもの(!)を見せてくれで、
何度も何度も見せるわけですね。

その経験も恥ずかしいものですが、検査そのものは淡々と終わるし、
しなくてはいけないものでしょうねー。
是非受けてみてくださいね。

そのさいに、年齢のいった人は、大きい方をおもらしをしてしまったらしいのです。
その時の看護師さんの対応が素晴らしいという感想でした。
そうなのです、もちろん訓練もうけますが、いつも笑顔で対応しますよー。
そうじゃないとね、お互い恥ずかしいですからね。

健康診断は是非してくださいねー。
早期発見ですよー。

恥ずかしいことは全くないです!
今は痛くもないし、うまーくやります、嫌なことはなにもないのですよー。
ぜひー。

身体を暖める食べ物

寒いですねー。春はもうすぐそこですよー。

身体を暖める食べ物というのがあります。
コーヒー飲んで温まる、とか鍋食べるとあったかい、とかではなくて、身体、体質から変えよう、というもの。
陰陽の考え方ですね。

陰陽とはマクロビオティックの原理であり、また東洋の伝統的な世界観でもあります。
中国や日本では古くから、物事を陰陽というモノサシで見る見方が発達していました。
東洋のこうした考え方に共通なのは、
陰の性質と陽の性質の織りなすメカニズムが、森羅万象に浸透しているとする点です。
ですから体質だけでなく、食べ物や人間関係や、科学の中にもその働きを見ることができるのですよー。

マクロビの考え方は置いておくとして(難しくなるからです)、
身体を暖める食べ物とは、ずばり冬にとれるもの、または寒い地域でよく食べられるもの、って言えば少しは簡単になるかな。

夏にとれるものは身体を冷やす働きがあります、きゅうりなんてそうですね。
でも今は、どの野菜もいちねんじゅう出回っているし、あまり意味がないとも言われています。
とはいえ、ですよ。ゴボウとかニンジンとか、あういうものはまだ(!)身体を暖める働きがあるのです。
火を通して食べましょう。

冷えは万病のもとですからねー。
風邪などひかぬように!

さくらんぼ

春には桜が待ってるし、早く暖かくならないかなー、ってまだこれからなのに思っています。
サクラの事を考えていて思うに、、、身であるさくらんぼ、あれも美味しいですよねー。

サクランボはなかなか小さい頃食べさせてもらえなくて、
だからかな、スーパーで売ってると多少高くても買いたくなっています。
買ってますよ(笑)。美味しいし。

昭和中期に「黄色いさくらんぼ」という歌が流行しました。
その頃のさくらんぼは黄色くて酸っぱいのが当たり前。
ところが現代のさくらんぼは、鮮やかなルビー色に輝き、口に入れると甘い果汁がほとばしる。

季節が限られ、愛くるしいカタチも手伝ってか、初夏のフルーツでは一番人気だそうです。

皆さんも食べるでしょ?美味しいよねー。
ここでさくらんぼのミニ知識。
「さくらんぼ」「オウトウ」「チェリー」使い分けの基本は、
あくまでも概念的なものだが──「オウトウ」は学術用語として使われ、
木そのものや、木に成っている実のこと。

「さくらんぼ」はもぎとられた果実、「チェリー」は加工品や輸入果実のことを指すといいます。

なんだか言語の勉強にもなったかな?

さくらんぼ、早く食べられますように!
早く暖かくなーれ!
電話の対応って......お客さんの立場だとしても
もう少し考えた方がいいんじゃないのって
思う事ってありません?

私は転職前も転職後もある程度お客さんからの
電話の応対をする事のある職場でした。
転職後の方が圧倒的に多かったですけど。
それは大手の損保会社での転職ですね。

そうするとやっぱりいるんですよね。
お客さんである立場を最大限に利用する人。
確かにお客様は職員的立場からすれば神様なのかもしれないけど、
私個人にとっては神様でもなんでもないわけで、
電話を切った後に悪態をつかせてもらってました。

転職前の職場のお客さんはドクターや看護師です。
データについての問い合わせが多かったんですが、
中にはまだ検査結果の出ていないのに、
結果を早く出せと言うような無理を言うお客さんもいるんです。

私の受け持っていた検査は即日検査ができる項目では
無かったから物理的に無理だったのにもかかわらず、結果を教えろと。
その旨を伝えるとガチャ切りですよ。

社会人としてなってない電話の対応に、こっちも切れた後の電話を
ガチャ切りです。
よくあちらこちらでガチャ切りの音が聞こえたのでそういうお客さんに
あたったのは私だけでもなかったんでしょう。

転職後のお客さんは本当に一般のお客さんです。
大抵のお客さんはマナーもしっかりしていて、こちらが
恐縮してしまうくらいだったんです。
でも、なかにはいるんですよね、酷い人がこっちにも。
喧嘩を売っているんじゃないかと思うような人が。

なるべくお客さんの意思を尊重しようとしても
やはり医療関係の事ですから無理なものは無理、
その旨を伝えると何か捨て台詞を言ってガチャ切りです。
御親切な事に、改めて電話をかけてきてクレームまで
着けてくれる始末です。

まあ、こちらの対応としては間違った対応をしたわけじゃないので
クレームをかけた先でも軽くあしらわれていたようですが。

こういうのを体験すると、お客さん側として電話をかける時にも
出来る限り丁寧に、気持ちよく電話を切れるように心掛けたく
なるものですね。

たまには料理で!

最近たまにテレビで料理番組を見ることがあるんだけど作ってみたい料理が結構あるものの材料があれこれ必要でどうしても普段作ることが出来ないんだよね。

看護師の仕事をしてるとほとんどが手抜き料理になっちゃって、休日とかにはちょっと手の込んだものを...って思うけど調味料とか揃えると結構な金額になっちゃう。

調味料関係って賞味期限が結構長いんだけどそれでも期限内に使い切ることが出来なくて結局捨ててしまうことが多々。

調味料とかってみんな賞味期限が過ぎてしまったものはやっぱり破棄しちゃうのかなぁ?

私は基本的には捨てちゃうんだけどたまにどうしてもその調味料を使いたい時は使っちゃうんだよねぇ。

傷んでいるわけじゃないだろうから...なんて思ってね!

やっぱり使わないほうがいいのかなぁ?

合コンで彼氏ゲット?

今週末合コン開催決定です!

メンバーは私の後輩看護師の知り合いと看護師仲間。

実は私今まで合コンなんてほとんど経験ないんだよね。

最近彼氏とかいなくてちょっと寂しいなって思っていたところだから

正直かなり気合入ってますっ。

どんなメンバーが集まるのか楽しみにしているんだよね。

そこからいい出会いが生まれたら嬉しいんだけどねぇ。

この仕事をしているとなかなか出会いの場っていうのと遭遇しなくて...。

今回後輩から提案されて私はまぁ行ってもいいけど...って感じで受けたんだけど

内心思いっきり喜んじゃってたんだっ。

お酒はあんまり強い方じゃないけどめちゃくちゃ楽しみにしてます。

お天気が良かったらいいんだけどねぇ。

睡眠しっかりとってお肌の調子をよくしておかないとね!

欲求不満の理由は...

最近なんだかちょっと欲求不満な私。

急に看護師の仕事が忙しくなってきちゃって大好きな料理に割ける時間が減ってるんだよね...。

私の一番のストレス解消法は凝った料理作り。

不思議だけど真剣に時間をかけて料理を作ると思いっきりストレス発散になるんだよねえ。

でもこの頃は時間がなくてそんな時間を作れないし気力もない。

そうなると私の体の中にストレスが思いっきりたまっちゃうんだよね。

悪循環なのはわかってるけど短い時間で適当な料理を作ると逆にストレスになっちゃうからね。

もうしばらくは我慢して仕事を頑張るしかないね。

きっと世の中の看護師の多くはこの時期思いっきり忙しくて大変な思いをしてるんじゃないかな...。

みんな、夏が終わるかでがんばろう!