高齢者

高齢者ってどこから言うのか。
こういう問題(?)ってあとを絶ちませんね。

そんな「高齢者」の年齢が引き上げられると、
現行の定年よりもまだまだ働けるし、働くべきだということになる。
一生働いていたいと意欲を見せる人も少なくないけど、一方、"早くリタイアしたい派"の思いも強いそうです。

ちょっと意外ですけどね、そんな人がいたっていいと思う。
高齢者、っていうのを、何歳から、って決めること自体がおかしい。
個人差があるよね。
かといって、元気な人は医療費を払え、というのもおかしい。
誰でもいつかは高齢者になっていくのだ。

若くても身体の具合が悪い人もいる。医療費は、こういう人にちゃんといきわたるようなシステムにしてくれないと困るぞー。

と、ここでいってもしょうがないのですがね、言わずにはいられないですね。
それでも、選挙権のある日本の国民の皆さんなら、
こういうことも考えて政治を盛り上げていかなくてはいけないのだ。
日本、もっと頑張ろうよ!

このブログ記事について

このページは、げんかいが2017年5月 1日 06:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「健康診断」です。

次のブログ記事は「アン・ブーリン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。