配偶者ビザ

たとえばイギリスで誰か、、イギリス人と結婚すると配偶者ビザというものを申請します。
それが許可されてはじめてビザがおりるのですが。
最近は英語のテストも厳しくなってきているし、
他のテストも英語で受けなくてはいけなくて、けっこう皆さん苦労しているらしいです。
却下された人もいます。

どういう人が却下されるのかって、、、わからないんだけど、でも、相手の人に収入があまりないとか、
申請者が過去に入国拒否にあったとか、はたまた相手が年金もらってるとか、
ベネフィットもらってりうとか、
もっと言えば偽装結婚を疑われる人は却下されるみたいです。

偽装結婚が増えているので仕方ないんだけど、本当に偽装じゃないのにその証明が足りないからって却下です。
悲しい。

配偶者ビザも期限があるので、またビザの申請はしなくてはいけない。
その申請料だけでも莫大なので、諦めてしまう人も多いんですって。
新瀬領がもったいないから結婚を諦める、、、悲しい。

国際結婚は大変ですけど、お金がからむんじゃもっと大変ですね。
配偶者ビザで負けてしまうと後も大変です。
どうかイギリス人と結婚しようとしてる人、、、頑張ってください。応援してます。

このブログ記事について

このページは、げんかいが2018年12月 1日 23:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「命のビザ」です。

次のブログ記事は「子供が・・・」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。