せつない映画

まだ見てはいないのですが、ちらっと流れたストーリーを聞く限り、少しせつなそうな映画
「とらわれて夏」
見た人も多いのでは?
ケイト・ウインスレットが出ています。

たった4日か5日の間の出来事を描いたようで、子供の目線でみているようです。
どうやらこの子供がキーでもあるみたい。

大きくなってお店を開くとこまでやってるので、この子も見るのが楽しみです。
こういうの、なんだか好きなんだよねー。

脱獄した、しかもケガをしてる男性との数日。。
子供(男の子)からしたら家に男性がいること自体が珍しいし、
そこで焼いたケーキがすごい記憶になってて、
そのケーキのお店を開いちゃうんだからすごい。

そんな目で見てるから、手紙が来て「母はいまもひとりでいる」って言ってしまうんだよね。
優しいなー、そして、この脱獄男性が好きだったんだねー。

父親の姿を見た、、ってとこかな?
まだ見てないからすべて想像だよ。
切ない映画を見たかったわけではないです、ケイト・ウインスレットが好きなだけ。

この映画の事は知りませんでした。
テレビで予告を見るまではね。
彼女もほんといろいろな映画に出てましねー。
タイタニック以来、ものすごいです、そして、どれも評価されるものばかり。
素晴らしい女優さんです。
だから見たいのだ。

このブログ記事について

このページは、げんかいが2019年10月 1日 00:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ワンコ」です。

次のブログ記事は「なかなかうまくいかないものだ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。