なるほど。

なにか災害があって、家に取り残されてしまった場合、お年寄りほど逃げ渋るのだそうです。
それは、どんな大きな災害が自分に迫っているのか理解できない、ってこともあるみたいだけど、
多くは、
この家はわしが守る!
みたいな使命感と、自分の家は大丈夫っていう過信とか、逃げたら避難所で迷惑かける、っていうアイとか。
そんなこと言わないで逃げてほしいのですがね。
なかなか。。
それで逃げ渋ったお年寄りを説得するのも大変で、手遅れになって鳴くのは家族。
足腰が弱いからって逃げなかったりね、、、いや、逃げてください。
逃げてほしい。
先祖が建てた家だからって守りに入っても、一緒に流されてしまったり(津波とか、、泣)、
そういうことがないようにしてほしいのです。
その考えはある意味、誤解を恐れずに書くと「なるほど」ですけどね。
逃げてくださーい。
そのためには周りの助けも必要です、まわりもそのことを知っていて、
逃げようって言える環境にしなくちゃいけないですね。
いやはや、、災害は怖いものです。
さらっと人間の命をさらっていくのだ。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12

リンク

このブログ記事について

このページは、げんかいが2020年10月 1日 19:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「食欲なし」です。

次のブログ記事は「葛餅」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。